継続的に発展してゆくには

組織が真の競争力で継続的に発展してゆくにはいくつかの要素がある
競争力を高めるのは、ニーズにあった魅力的なモノづくりはとともに今までの発想を超えた創造力であり、徹底した製造コストのミニマム化と組織管理効率の最大化にある。
製品実現プロセスの高い生産性と高度な品質を生みだす力
いわゆるコアコンピタンス(core competence )をいかに創出できるかということである。
モノづくりの原点は市場競争型では売れる商品の開発力、受注商品型では顧客ニーズに対応できる営業力、開発力と製品を実現できる現場力である。
営業力、開発力、現場力は製品及びサービスを実現させる力であり仕組といえる。
市場のニーズを掴まえ製品要求事項に正しく変換できて販売できる力:営業力
製品要求事項を高品質であり競争力のあるコストで開発できる力:開発力
既定要求事項を正しくミニマムコストで製造できる力:現場力
高いレベルの生産実現を熟成させる組織システム
コアコンピタンスを根付かせ高度化させる組織力。
効率的で活性化した仕組を維持推進の組織管理ができる力:組織力
組織力を根付かせ継続的に進化させてゆく体系を構築させるのがトップマネジメントの役割である。

組織管理のための高い効率のシステム運営
すべてのプロセスを有効で妥当に機能させるのを管理(マネジメント)する
ICTを活用して効率化を薦めるのは必要絶対条件である
製品実現プロセスと間接プロセスとの関係
どのプロセスが機能不足か測定でき処置ができる組織体系
正しいことを正しく実施できる組織が絶対条件
組織を支えるのは人であり、やる気や創造力などは組織体制に依存する
組織力の源はコミュニケーションを含んだ情報力であり、働く人々の活性化した改善力である。