規格要求の記録

ISO9001:2008の規格が要求している記録は20ヶ所あります
規格要求事項が2008年度版で変更になり、本文中に記録が必要な箇所には”(4.2.4参照)”という記述が追加され明確になった

No ISO9001:2008 規格条項
要 求 内 容
1 5.6.1 (マネジメントレビュー) 一般 マネジメントレビューを実施した内容の記録
2 6.2.2 力量、教育・訓練及び力量 e)顧客や仕様書などで要求されている資格や技能などの力量の記録
教育・訓練を実行した記録として組織が判断したもの(該当するもの)
3 7.1 製品実現の計画 d)組織のプロセスやシステム、及び製品が要求事項を満たしている記録
4 7.2.2 製品に関連する要求事項のレビュー 顧客からの要求事項をのレビューした記録、及びその要求事項のレビューによって実施した内容の記録
5 7.3.2 設計・開発のインプット 設計に必要なインプット情報(製品要求事項)の記録
6 7.3.4 設計・開発のレビュー 設計レビューの記録、及びその設計レビューによって実施した内容の記録
7 7.3.5 設計・開発の検証 設計検証の記録、及びその設計検証によって実施した内容の記録
8 7.3.6 設計・開発の妥当性確認 設計妥当性確認の記録、及びその妥当性確認によって実施した内容の記録
9 7.3.7 設計・開発の変更管理 設計変更の内容をレビューした記録、及びその設計変更レビューによって実施した内容の記録
10 7.4.1 購買プロセス 供給者を評価した記録、及びその評価を受けて実施した内容の記録
11 7.5.2 製造及びサービス提供に関するプロセスの妥当性確認 d)プロセス妥当性確認のために決めてある記録
12 7.5.3 識別及びトレーサビリティ トレーサビリティが要求事項となっている時の記録
13 7.5.4 顧客の所有物 顧客所有物が紛失、損傷、使用上問題があると判明した時の記録
14 7.6 監視機器及び測定機器の管理 a)良く低地の正当性が要求されている場合で、国家計量基準が無い時は、校正又は検証に使った基準の記録
15 7.6 監視機器及び測定機器の管理 測定した後で使った測定機器が適合していないと判明した場合には、測定した値の妥当性を評価した記録、又その校正及び検証の記録
16 8.2.2 内部監査 内部監査の記録
17 8.2.4 製品の監視及び測定 顧客に引き渡しをしても良いと決定した責任者の記録
18 8.3 不適合製品の管理 製品を検査して不適合とした内容の記録、及びその不適合を受けてその後実施された処置の記録(特別採用を含む)
19 8.5.2 是正処置 是正処置の活動及びその効果や有効性の記録
20 8.5.3 予防処置 予防処置の活動及びその効果や有効性の記録