7.5製造及びサービスの提供

”ISO9001:2008 7.5 製造及びサービスの提供”では、実際に生産そのもをするために実施すべき内容の要求事項である
具体的に実施する内容は以下の条項で要求されている

7.5.1 製造及びサービス提供の管理
生産するための管理の方法を計画することを要求している
7.5.2 製造及びサービスの提供に関するプロセスの妥当性の確認
必要な生産過程ではプロセスが必要な品質が常に確保できる手順を確立(プロセスの妥当性を確認)して作業を行なう
”7.5.3 識別及びトレーサビリティ”
製品の識別を実施し、必要なトーレーサビリティを行なう
”7.5.4 顧客の所有物”
製造のために顧客から預かった(管理下におく)設備、敷地、技術、ソフトウエアや顧客からの支給品について管理することが要求されている
その顧客所有物が使用できなかったり、破損をさせたときは報告し記録する
”7.5.5 製品の保存”
製品を顧客に届けるまでは品質が維持されるような管理をする

7 製品実現