7.4購買

組織が製品実現プロセスで使用する購買製品についての要求事項は以下の項目が要求されている

7.4.1購買プロセス”:購買製品の供給先を評価し記録する
どのような時にも必ず供給先は何らかの評価はしているはずである、何を評価していたのか、何が評価として必要なのか組織の実情に合わせて評価方法を定める・・評価した記録は必要
“7.4.2購買情報”:購入するために妥当な購買要求内容を供給先に確実に伝える
購買情報の文書化は要求事項ではないので、他の手段で確実に供給者に伝達できれば良い
購買情報は妥当であることを確実にすることが要求事項となっている、誰がどのように妥当性を確認しているのか、すなわち購買情報の内容については承認者がその購買情報の妥当性を確認して承認していることでもある
“7.4.3購買製品の検証”:購買製品は受入検査などを実施する
受入検査の記録は規格要求事項ではないが、実施はしなければならない
どのような検査をどういう方法で実施するかは受け入れ組織で決めるが、その方法は購買情報で決めておくことが要求されている
購買製品を供給先の工場などで検査(検証)する時は、そのことを購買情報に含める

7 製品実現