5.1経営者のコミットメント

トップマネジメント(経営者)が実施すべき事項は”ISO9001:2008 5 経営者の責任”で要求されている
QMSにおいて経営者の役割は重要であり、このシステムは経営者のためにあるツールでもあるといえる
経営者自ら積極的に取り組んでゆく必要があり、規格が経営者に要求している内容もマネジメントをすることからは当たり前で最小限度の要求内容といえる
この要求内容を実施していない経営者は皆無であると考えるが、実施内容のレベルには組織や経営者の素質によって違いはあり得る

ISO9001:2008 5.1経営者のコミットメントで要求されている内容を以下に示す

  • 法令・規制要求事項を満たすことの重要性を組織内に周知する
  • 顧客要求事項を満たすことの重要性を組織内に周知する
  • 顧客満足の向上を目指し、顧客要求事項を決定して満たすことを確実にする
  • 品質方針を設定する
  • 品質目標が各階層で設定されることを確実にする
  • 品質マネジメンシステムの計画を策定する
  • 権限と責任を決めて組織内に周知する
  • 管理責任者を任命する
  • 内部コミュニケーションのためのプロセスを確立する
  • マネージメントレビューを実施する
  • 資源が活用できることを確実にする

この要求内容は経営者がすべて自分でするという意味ではなく、そのような仕組と場をつくること要求して、その中では経営者が承認をする為も含まれる
いずれの内容もこの5.1の要求では文書化や記録は要求されていない
実態として組織がどのようにこの内容を受け止め実施しているかが重要なポイントとなる