ISO9001規格の歴史

ISO9000シリーズの規格は1987年に制定された
その後1994年に改訂され、日本においても翻訳された規格があわせてJIS Z 9001:1994として発行されている


ISO9001~9003:1987 JIS Z 9001~9003:1991

供給者(組織)が顧客の求める品質要求事項を満たす能力を証拠で示す基準を与える「外部品質保証」のモデルとしてスタートした


ISO9001~9003:1994 JIS Z 9001~9003:1994 品質システム-設計、開発、製造、据付け及び付帯サービスにおける品質保証モデル

品質保証モデルは顧客が供給者(組織)に対する信頼感を保持するために、組織の構築した仕組(システム)に何を要求するべきかをという観点から規定され、ISO9001(設計)、ISO9002(製造)、ISO9003(検査)で要求していた
このモデルの要求事項は証拠が重視され文書化と記録の要求が多く、このときの印象が、ISOは文書が多く形骸化したシステムであるという評価となってしまった


ISO9001:2000 JIS Z 9000:2000 品質マネジメントシステム要求事項

「品質保証」に加えて「継続的改善」と「顧客満足」の要素を加えて、呼び名も品質保証モデルからマネジメントシステムと内容も大幅に変更された
また、文書化や記録の要求事項が必要最小限となり、文言も分かり易く改訂された


ISO9001:2008 JIS Z 9000:2008 品質マネジメントシステム要求事項

曖昧な内容と理解しやすい文言に修正されたが、ISOの意図と条項の改訂は行なわれず追補ということになった