言葉ではなく見える化で説明

報告書やマニュアル、手順書等の文章は、「また」「よって」「しかるのち」「すなわち」といった接続詞を多用して
「もし」「原則として」「条件付き」「可能ならば」「出来るならば」等の条件文で、何が本質なのかわからなくしている

この文章をすべて削除してフロー図にしたらどうだろうか
一目で理解できるはずである

Comments are closed.