改正ISO14001:2015 ついにDIS

────────────────────────────────
改正ISO14001、ついにDISが発行されました!!(速報)
────────────────────────────────

5月23日~28日に開催されたTC207/SC1/パナマ総会WG5においてISO14001 CD.2のコメント処理とDIS起草が完了しました。この結果、ISO14001改正作業をDIS段階に進めることが決定し、6月27日付でDISが登録され、各国の委員会・関係団体に回付されます。

CD2に対しては1,588件のコメントが寄せられ、2014年2月のWG5パドヴァ会合に加え、パナマ総会WG5会合の会期を大幅に延長して審議が行われました。
その結果、「著しい環境側面」と「リスク及び機会」の関係、バリューチェイン関連の要求事項の整理など、CD段階における懸案事項についても成果を得てDIS起草を完了しています。

今後の改正スケジュールは以下のとおりです。発行時期は当初の予定から1ヶ月程度の遅れを見込んでいます。

2014年6月27日:DIS登録、回付
2014年9~11月:DIS投票
2015年2月:FDIS回付
2015年4~5月:FDIS投票
2015年6~7月:改正ISO14001発行

また、IAF(国際認定フォーラム)ではISO14001認証の移行期間について3年間とすることが今秋開催のIAF総会にて承認される見込みです。
国内ではDIS回付と同時にJIS案作成作業が開始され、9月にはDISに基づく原案が作成される予定です。

なお、日本規格協会ではISO/DIS14001の原文を7月1日から発売開始していますが、対訳版(英-和対訳)を7月中旬~8月上旬にかけて発売予定とのことです。

Comments are closed.