業務改革の考え方

業務を並行して行う

まず,業務のコンカレント化(並列化)である。これは今まで、流れ作業的に連続して行われていた業務を,並行して同時に行うことである。
これによって,仕事のスピードをアップさせる。

業務の分散と集中

プロセスを分散して全体の仕事量を減らす
プロセスを集中させてダブったプロセスを簡略化させる。
常に改革は分散と集中の繰り返しから最適化が進む。

業務(プロセス)を廃止させる

最も進んだ形は「廃止」である。そのlプロセスの成果が明確になっているか。
部署のための仕事ではないか。会社の利益にどのように貢献しているか。
そのプロセスが無くなったことで困るのはだれか。

日常業務を継続的に改善してゆく仕組み

仕組みの改善を例えば5年ごとに大掃除をするといったように考えるのはあまり意味がない。
日常の業務の中で継続的に改革を進めていくような仕組みを会社の中にビルトインしていかなければならない。

企業の枠を超える

卜一夕ルのサイクルタイムを革新的に短縮するには,一企業の枠の中だけでは難しい。
組織で実施すべきコアなプロセスのみが生き残れる。

Comments are closed.