情報の見える化(インプットとアウトプット)

組織運営に最も重要なものは情報だといえる
しかし、莫大な情報があれば良いということはない・・・多くのインプットは内容を吟味しないこととのトレードオフとなり、帰って見えなくなる
アウトプットに適したインプット形式にする必要がある、いわゆる情報の見える化である(アウトプットのためのインプットでなくてはならない

  • アウトプットに対応したインプット情報(分析・解析)が実施されて指標が明確であり、情報が正確である
  • 情報が正確である裏付けがある
  • 分析・解析がブラックボックスとなっていない
  • インプット情報は多くの要員で共有できている
  • 明確なアウトプットのために準備されないインプットは、どのように高度な解析が実施されても趣味の世界
  • 情報の注意とトレードオフとなる膨大な情報には注意が必要

組織での結果は常にアウトプットであることを忘れてはいけない(プロセスの結果はアウトプット)
達成した目的が明確であれば、多くのインプット情報も仕事のフィルターによって、重要な要素は判るものである
情報のインプットを増やしていけば、自然とアウトプットが豊かになるということは絶対にあえない、情報だけを求めても意味がない
仕事のフィルターが優れていることは仕事ができることになる

Comments are closed.