これからの管理オペレーションをITで考える

これからの組織の管理オペレーションには、ITを中心としたあらゆる要求に適合できる、スケーラブル(伸縮自在)なシステムが必要であるが、現実にはITの仕組みには変化は感じられない
この管理の範疇は、会計システムや売り上げ管理などの数値を主に扱うシステムではない
マネジメントを行って行く為に必要な、言語系(指示・命令・記録・確認・結果・分析)の管理システムであるが、結果や分析には当然ながら統計解析などの数値は含まれてくる
しかしこれらの数値は会計システムのような画一的なものではないことは、言うまでもない
管理の仕組みは経営者によって重要な部位が変化し、社会構造によっても変化する
イメージとしているのは、WordPressやTwitter,FaceBookのような、構造が要求によって自在に変化するSNS(Social Network Service)のような管理システムである
これらを組織のネットワークと組み合わせて、管理システムとして運用できれば、現在組織にいるホワイトカラーや事務職は60%以上削減可能であろう
これからの組織がなすべきことは管理コストの削減による、グローバルな競争に勝ち抜くことである
製造業の多くにおいて直接精算に従事している人数は非生産要員との人数を下回っていることは珍しくない
現場の要員のコストは絞りに絞りもうこれ以上に下がらなくなってきている。これからは管理組織である、非生産要員のコストを削減を目指すべきである
管理コストを下げて、管理品質を高度化した、新しいITシステムの構築が望まれている
経営者は、管理の仕組みを大幅に変えてITを活用したオペレーションの進化を目指すべきと考える
しかし、この管理仕組みは高度な思考と管理技術がベースに無いとうまく機能することは難しいといえる

Comments are closed.