クラウドコンピューティング

最近はクラウドが話題となっているが、名前が先行し具体的な内容は各社によって温度差があるようである
今回QMACのセミナーにおいてNTTデータ、富士通の講演から少し明確になった
クラウド(雲)コンピューティングはネットワークの発展のよって現実的になってきたが、その基本的な概念は昔からあったものである
ユーザー側にはサーバーもアプリケーションも必要なくインターネットが接続できる環境であれば、必要な処理をオンデマンドで実施できる
過去にはこのような形態をASP(Application Service Provider)と呼ばれていたが、その後呼び名をSaas(Software as a Service)となった
クラウドコンピューティングもこの延長上にありそのサービスの種類は3つある

Iaas(Infrastructure as a Service)
ベンダー側はハードを回線を通じて提供する、サーバー数や容量などは自由に可変することが出来る
ユーザー側でOS、ミドル、業務アプリケーションは開発して運用する
レンタルサーバーを使いやすくしたような形態である
世界的に大規模なデータセンターが出来て仮想化技術でユーザー側に提供している
提供ベンダー Amazon EC2Rackspaceなど
Paas(Platform as a Service)
Iaasの形態はハードのみを提供するが、Paasではプラットホーム(ハード、OS、ミドル)を提供する
ユーザー側でアプリケーションをこのプラットオームで開発して運用する
すぐアプリケーションの開発に着手することが出来る
Saas(Software as a Service)
ベンダー側ではハード、OS、ミドル、アプリケーションを提供するので、ユーザー側は業務プロセスに合わせて提供されているアプリケーションをオンデマンドでル要することが出来る
このことによりユーザー側は情報化資産を一切持つ必要がなくなり運用などの手間も必要ない
問題はユーザーの要求にあったアプリケーションが提供されているか、又は簡単にカスタマイズされるかが課題となる
提供ベンダー Google AppsMicrosoft Online ServiceSalesforce.comなど

これらのクラウドはまだ問題は多い、組織の情報をすべて外部に出すということは、そのデータの保全、セキュリティ、運用リスクなどの問題がある
ベンダーが廃業したり倒産した時の対応は、またコストの安い他のクラウドに乗り換える時にはどうするのか
今、各ベンダーが開発しているクラウドは標準化や仕様の統一はされず、各陣営はユーザーの囲い込み作戦が進行している

Comments are closed.